耐震補強、あと施工アンカーの株式会社トラスト

ダイヤモンドコア工事

トラスト > 施工案内 > ダイヤモンドコア工事 > ダイヤモンドコア工事

アンカーピンからアンカーボルトまで

ダイヤモンド・コア削孔とは

建築工事現場、土木工事現場、においてコンクリート構造物に対し、穿孔、貫通、切断を行う工事を言います。新築工事から耐震補強工事、解体工事にいたるまで、あらゆる場面で利用されており、用途はさまざまで、コア・ビット(削孔刃)のサイズを変更することにより用途に適した孔をあけることが可能です。
コア・ドリルの機種の変更により、各現場削孔条件に適合した施工を可能にします。

ダイヤモンドコアビット
ダイヤモンドコアビット

用途

  • 設備配管工事における壁、床の貫通工事
  • 電気配線、クーラースリーブ等を設置するための貫通工事
  • アンカー打設工事における削孔作業
  • 解体工事、改修工事における切断、撤去工事
  • 騒音、振動等を抑制される現場で穿孔、削孔工事など

特徴

  • 騒音・振動を抑えた作業が可能
  • 削孔径・深さはコア・ビット変更により適正な選定が可能
  • オプションパーツの豊富なラインナップによりあらゆる条件に適合できます

施工例

鋼製高欄設置に伴う、
アンカー削孔
耐震補強工事 ガードレール用
アンカーの削孔

鋼製高欄設置に伴う、アンカー削孔

耐震補強工事

ガードレール用アンカーの穿孔

連続コアによる撤去工事 連続コア削孔例 ウォールソー施工時の
ラインカット

連続コアによる撤去工事

連続コア削孔例

ウォールソー施工時のラインカット

真空吸着パッド

真空吸着パッド
※仕上げ材によっては、設置が出来ない場合があります。

通常コア・ドリルの設置は、金属系アンカー1本を打設して行います。しかし現場条件や仕上げ面、ヒューム管等の厚みの無いコンクリート等にコア・ドリルを設置する場合、固定用アンカーを打設せずに固定出来ます。

ノーアンカーベース

ノーアンカーベース

アスファルト等のテストピース採取、ガードレール支柱設置用のガイドホール穿孔等、アンカーによる固定が困難な場合に使用します。

カタログ最新情報一覧

  • カタログ

    総合カタログ アンカー引抜試験機 解体カタログ

リクルート一覧

  • リクルート特設ページへ|あなたの力を求めています

協力会社募集一覧

  • パートナー企業募集中|募集要項・お申し込み

プロツールトラスト モバイル

QRコード
携帯で使える強度計算ツール

トラスト運営サイト

  • アンカーボルトサーベイランス
  • アンカー引抜試験.com
  • 鉄筋探査.jp
  • 静音工事.com
  • コアビット販売・プロショップ

認証取得

  • ISO9001:2008