• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • アンカーツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介試験・検査アンカー引張強度試験 > 変位測定試験

変位測定試験

対象の引張強度と変異の状況を2軸グラフで把握できる測定方法です

3点式の変位測定によりアンカーボルトや鉄筋の伸びと、センターホール型試験機によって荷重を同時に測定し、対象の引張強度と変位の状況を2軸グラフ表示で把握する測定方法です。

機材搬入

油圧センターホールジャッキ一式

機材搬入

引張試験機の機材を搬入します。

A.手動油圧ポンプ
B.センターホール・ジャッキ
C.D筋チャック
D.U型座金
E.油圧ホース
F.ハンマー

変位測定冶具一式接続機器

試験アンカー確認

試験アンカー(鉄筋)の必要長さは使用する機材・油圧ジャッキにより異なるため事前に確認しておきます。

機材設置

機材設置1

機材設置

変位計取付治具を設置します。

機材設置2

センターホール・ジャッキ挿入

一体型センターホールジャッキをセットし、試験アンカーとジャッキが直交しているか確認します。

※試験アンカー(鉄筋)の全長は使用する機材・油圧ジャッキにより異なるため、事前に確認しておきます。

機材設置3

油圧機器接続

手動油圧ポンプ、ゲージ、油圧ホースを接続します。カプラの接続は確実におこないます。接続が不十分であると、油漏れの原因になります。

機材設置4

固定

U型座金、D筋チャックの順にセットします。設置完了後、少しテンションをかけ、しっかり固定されているか確認します。D筋チャックを設置する場合、鉄筋の節の向きに注意して取り付けます。

注意

機材設置5-1 機材設置5-2

変位計取り付け

変位計を取り付けます。変位計はコンクリート面に対して直角になるように設置し、ガタつきのないように治具で固定します。3点よりデータを採取して、その平均値を変位値とします。

機材設置完了

加圧・引抜試験開始

ゼロチョウセイ

数値リセット

ゼロ調整ボタンを長押ししてゼロ調整をおこなった後、試験を開始します。

機材設置3

数値調整・加圧

ゼロ調整ボタンを長押ししてゼロ調整をおこないます。
油圧ポンプのバルブを“開”にし、ハンドルを上下して、予め定めておいた設定値まで加圧します。

※引張強度試験時の加圧速度は約5kN/秒位でおこないます。

機器設置状況データ確認画面

計測・確認

引張強度試験機を撤去し、試験アンカー及びコンクリート(母材)に以上がないか確認をおこないます。異常がなければ、引張強度試験終了となります。
変位計3本の平均値を算出し荷重値(kN)のマックス値をX・Yグラフにて出力します。出力したデータを添付し、引張強度試験の結果報告書を作成します。

引張試験完了

関連サイト
鉄筋調査/jpへ アンカー引抜試験.comへ

お電話でのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • お問い合わせはこちら

このページの先頭へ