• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • プロツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介 > 試験・検査

試験・検査

構造物の経年劣化から想定される災害リスクを防ぐため、
多様な試験・検査をおこなっています

トラストの試験検査は、(社)日本非破壊検査協会などでで実施している超音波、電磁波、電磁誘導、X線など、各検査項目別に設定された資格試験に合格した有資格者が、ガイドラインに沿っておこなっています。 また、(社)日本建築あと施工アンカー協会で付与している資格を有する者がアンカー引張強度試験を実施しています。

アンカー引張強度試験
アンカー引張強度試験
あと施工アンカー施工後におこなう試験および検査を指します。油圧式、デジタル式、異形鉄筋、変位測定試験など多岐に渡る引抜試験へ対応しています。
詳しくはこちら
アンカー長さ試験(超音波)
アンカー長さ試験(超音波)
埋設鋼材の長さを施工後に測定することができる非破壊検査です。
詳しくはこちら
コンクリート関連各種試験
コンクリート関連各種試験
コンクリートに関連する各種試験です。圧縮強度、中性化、非破壊強度試験など多岐に渡る試験に対応しています。
詳しくはこちら
鉄筋探査
鉄筋探査
非破壊でコンクリート構造物の鉄筋の配筋状態やかぶり厚、鉄筋の直径などを調査することができます。
詳しくはこちら
ボルト軸力・トルク管理
ボルト軸力・トルク管理
ボルトの軸力は被締結部材の破壊、塑性伸びによるボルトの緩みを検査します。
詳しくはこちら
X線調査
X線調査
貫通作業での電線管など埋設物の損傷を防ぐための調査です。撮影したフイルムにより埋設物の位置、種類などが確認できます。
詳しくはこちら
接着剤・付着力引張試験
接着剤・付着力引張試験
塗膜の品質を評価する目的で、外装材や外壁補修工事などを対象におこなっています。
詳しくはこちら
関連サイト
鉄筋調査/jpへ アンカー引抜試験.comへ

このページの先頭へ