• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • アンカーツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介試験・検査アンカー引張強度試験 > アンカーピン・ネジ・ドリルスクリュー引張強度試験

アンカーピン・ネジ・ドリルスクリュー引張強度試験

アンカーピン・ネジ・ドリルスクリューにアタッチメントを使用して引張強度を測定する試験方法です

アンカーピンは、建築構造物の外壁タイルなどの仕上げ層を、樹脂被膜で一体化固定する際に躯体に締付けて使用する締結具を指します。上層である外装と、樹脂層などの下層の自重を保持する規定に則した耐力を、設置したアンカーピンが有しているかを試験で確認します。

機材搬入

油圧センターホールジャッキ一式引張強度試験対象材料

試験体確認

引張強度試験の対象となるアンカーピン

対象となるアンカーピン

  • GSNアンカーピン
  • スーパースクイズピン
  • CPアンカーピン
  • SKグラウトピン
  • オールアンカー
  • フランジアンカー
  • オールプラグ
  • Pレスアンカー
  • ドリルスクリュー
  • 樹脂製カールプラグ

アンカーピン引張強度試験治具

治具選定

試験体サイズに適合するアンカーピン引張強度試験治具(アンカーアタッチメント)を選定します。

機材設置

RT-3000LD一式

機材搬入確認

A.RT-3000LD(本体)
B.プリンター
C.センターシャフト(SET)
D.アンカーアタッチメント

設置してあるアンカーピンを少し緩めて、アタッチメントが、かかる隙間を確保します。

アタッチメント取り付け

設置してあるアンカーピンを少し緩めて、アタッチメントがかかる隙間を確保します。

緩い場合はドライバー等で軽く締め付けます。

調節

緩い場合はドライバー等で軽く締付けます。

確実にねじ込む

センターシャフト取り付け

センターシャフトを取付けます。

本体を設置し、脚のねじで本体とセンターシャフトが直交するように調節します。

本体設置・調節

脚のネジで本体とセンターシャフトが直交するように調節します。

※壁面、高所などでの作業時は機材脱落に十分注意し、場合によっては脱落防止措置をとる必要があります。

プリンターを接続します。

プリンター接続

測定表示部、プリンターの電源をONにします。

機材設置完了

加圧・引抜試験開始

測定表示部

数値設定

測定表示部の操作ボタンで設定荷重値を入力します。

ゼロチョウセイ

数値リセット

ゼロ調整ボタンを長押ししてゼロ調整をおこなった後、試験を開始します。

加圧

加圧

本体のナットにレンチをセットして“負荷側”にゆっくり回転させて加圧します。

※設定荷重値に到達するとアラームが鳴ります。

プリンター

計測

プリンターの印字ボタンを押すと日付、荷重値などを印字したレシートを出力します。

減圧

減圧

本体のハンドルを“戻し側”にゆっくりと回転させ、減圧します。

確認

確認

引張強度試験機を撤去し、試験アンカー及びコンクリート(母材)に以上がないか確認をおこないます。異常がなければ、引張強度試験終了となります。

引張強度試験完了

関連サイト
鉄筋調査/jpへ アンカー引抜試験.comへ

お電話でのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • お問い合わせはこちら

このページの先頭へ