• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • アンカーツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介試験・検査 > X線調査

X線調査

X線撮影で、コンクリート内部の埋設物の確認をおこないます

X線調査

コンクリート躯体内部の鉄筋の位置や電線管などの埋設物、ケーブル類の有無および位置などを、X線で撮影したフィルムによって確認します。撮影深度はコンクリートかぶり厚の約350mmまでと深く、同調査実施後には貫通作業などを安心しておこなえます。

X線・レントゲンの原理

X線・レントゲンの原理

発生器より照射されたX線は、床、壁などの躯体内を透過し、フィルムに到達します。 この時躯体内に鉄筋、配管、壁材料などとX線吸収係数の異なる物質があれば、フィルムに到達するX線量に差が生じることになり、このフィルムを現像処理することでフィルムに濃度差が生じ、埋設物の像が浮かび上がる仕組みになっています。

検査の流れ・手順

検査の準備

検査の準備
X線による調査箇所

調査をおこなう箇所にX線発生器を設置し、その反対面にフィルムを貼ります。

※X線作業主任者の管理のもとでの作業となります。
※X線発生器側とフイルム側の両方に作業員が入れる事を確認します。

現像の実施

現像の実施
現像フィルム例

暗室車両にて現像をおこないます。 フィルムの大きさは、おおよそ300mm×250mmですがX線発生器の焦点とフィルムの距離により有効範囲は小さくなります。

一般的な撮影条件下では、200mm×180mmの範囲の状況の判別が可能です。 また、躯体の状態にもよりますが、およそ350mm程度の深度まで撮影および状況の判別が可能です。

現物との比較

現物との比較
フィルムに基づく罫書き例

撮影したフィルムをもとに現物に内部の状況を罫書きます。 埋設物の位置、種類なども把握できるので、貫通作業も安全・迅速におこなえます。

調査事例

検査風景1

床撮影状況

検査風景2

床裏面フイルム側状況

検査風景3

壁撮影状況

※X線作業主任者の管理のもとでの作業となります。
※X線撮影時は、X線発生器中心から5m程度は立ち入り禁止区域を設定します。
※コンクリートかぶり厚約350mmまでが調査範囲になります。

このページの先頭へ