• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • アンカーツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介試験・検査アンカー引張強度試験 > デジタル式試験

デジタル式試験

負荷ナットを回し、回転止めの施された中筒をねじで引張り上げ、負荷をかけるアンカーボルトにねじりトルクをかけない方式(リニア・スライド・ロード機構内蔵)によるデジタル式測定方法です。

機材搬入

引張強度試験機、機材を搬入します。

機材搬入

引張試験機の機材を搬入します。

  • A.AT-10(本体)
  • E.レンチ
  • B.センター・シャフト
  • F.レンチハンドル・延長ロッド
  • C.センター・シャフト用ナット
  • G.測定表示部(操作スイッチ)
  • D.カップリング(ジョイントナット)
  • H.プリンター

試験アンカー

試験アンカー確認

ボルトサイズを確認し、適合するカップリングを使用します。

機材設置

カップリング装着

機材設置

試験アンカーのボルトサイズを確認し、適合するカップリング(ジョイントナット)を使用します。

センターシャフト取り付け

センターシャフト取り付け

アンカーボルト、センターシャフトのカップリング(ジョイントナット)による接続を確実におこないます。

本体設置1

本体設置・調節

脚のネジで本体とセンターシャフトが直交するように調節します。

本体設置2

機材固定

センターシャフト用のナットを取り付け、軽く締め付けます。

機器設置状況

プリンター接続

測定表示部、プリンターの電源をONにします。

機材設置完了

機材搬入

測定表示部

数値調整

測定表示部の操作ボタンで設定荷重値を入力し、ゼロ調整ボタンを長押ししてゼロ調整をおこないます。

ゼロチョウセイ

数値リセット

ゼロ調整ボタンを長押ししてゼロ調整をおこなった後、試験を開始します。

ゲージ(荷重計)

加圧

本体のナットにレンチをセットして“負荷側”にゆっくり回転させて加圧します。

引抜試験状況

計測

表示部の数値を確認しながら設定値まで加圧していきます。

※設定荷重値に到達するとアラームが鳴ります。

プリンター

確認

プリンターの印字ボタンを押すと日付、荷重値、変位値などを印字したレシートを出力します。

※引張強度試験時の加圧速度は約5kN/秒位でおこないます。

引張強度試験完了

関連サイト
鉄筋調査/jpへ アンカー引抜試験.comへ

お電話でのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • お問い合わせはこちら

このページの先頭へ