• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • プロツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介各種施工 > あと施工アンカー工事

あと施工アンカー工事

あと施工アンカー工事とは、様々な種類のアンカーをコンクリートに打設する工事のことを指します

既設コンクリートに架台を介して構造物を設置する際に、それを締結固定させる部材がアンカーボルトです。コンクリート打設時から設置するアンカーボルトを先付けアンカーボルトと称し、コンクリート打設後に設置するアンカーボルトを、あと施工アンカーボルトと呼びます。あと施工アンカーボルトは、大別して金属系と接着系の二種類があります。

金属系アンカー

金属系アンカーは、コンクリートに削孔した穴の中でアンカーボルトそのものが拡張し、自ら「つっぱる」効果を発現する構造を有しています。耐久性・耐食性・耐火性に優れる特性を持ち、建築や交通インフラなどに一般的に使用されています。

金属系アンカー

接着系アンカー

接着系アンカーは、コンクリートに削孔した穴に接着剤を充填し、そこにアンカーボルトを挿入することで接着剤を撹拌させ、その一連の作業でコンクリートに定着させるアンカーボルトを指します。コンクリートへの固着強度や耐熱性など、あらゆる面で汎用性が高いことから、各構造物に使用されています。

接着系アンカー

種類について

樹脂カプセル型

樹脂カプセル型

樹脂・骨材・硬化剤がカプセルに密閉されている為、施工のバラツキがありません。速乾性にすぐれています。(温度により異なります)

注入型(現場調合式)

注入型(現場調合式)

ボルトの形状が自由に選択できます。L型やフック型の形状に最適です。機械設置後に注入できますので高い精度で施工できます。樹脂の硬化は時間を要します。(温度により異なります)上向き施工はできません。

注入型(カートリッジ式)

注入型(カートリッジ式)

現場調合式と違い樹脂を撹拌する必要がありません。ボルトの形状が自由に選択できます。L型やフック型の形状に最適です。コンクリートブロックなどの中空母材用もあります。速乾性に優れています。(温度により異なります)

セメント型

セメント型

ボルトの形状が自由に選択できます。L型やフック型の形状に最適です。機械設置後に注入できますので高い精度で施工できます。樹脂の硬化は時間を要します。(温度により異なります)上向き施工はできません。

その他アンカー

打ち込み式(金属系)

打ち込み式(金属系)

ALC

打ち込み式(プラスチック系)

打ち込み式(プラスチック系)

コンクリート、ALC、ブロック、レンガ

ねじ込み式(金属系)

ねじ込み式(金属系)

コンクリート、ALC、ブロック、レンガ(木ねじが必要)

ねじ込み式(プラスチック系)

ねじ込み式(プラスチック系)

コンクリート、ALC、ブロック、レンガ(木ねじが必要)

はさみ固定式(金属系)

はさみ固定式(金属系)

石膏ボード(中空壁用)

はさみ固定式(プラスチック系)

はさみ固定式(プラスチック系)

石膏ボード(中空壁用)(木ねじが必要)

ねじ固定式(金属系)

ねじ固定式(金属系)

コンクリート、ALC、ブロック、レンガ

ねじ固定式(プラスチック系)

ねじ固定式(プラスチック系)

ALC

現場風景

さく岩機での削孔

さく岩機での削孔

削孔穴の清掃

削孔穴の清掃

ケミカル樹脂挿入

ケミカル樹脂挿入

ケミカル撹拌完了

樹脂撹拌を完了後、架台の設置へ

コンクリート拡幅用 接着系アンカー(ダイヤモンドコア)

交通安全施設設置における削孔

建築耐震鉄骨ブレース用アンカー

建築耐震鉄骨ブレース用アンカー

関連サイト
鉄筋調査/jpへ アンカー引抜試験.comへ

お電話でのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • お問い合わせはこちら

このページの先頭へ