耐震補強、あと施工アンカーの株式会社トラスト

コンクリート圧縮強度試験・中性化試験

トラスト > 施工案内 > 各種検査 > コンクリート圧縮強度試験・中性化試験

コンクリート圧縮強度試験

過去に施工されたコンクリートの強度・耐久性を知りたい、調べたい時に、試験により判定いたします。コンクリート強度を求める方法として、二通りの方法があります。

1. 既存のコンクリート構造物から直接コンクリート試験片を取り出し強度を求める方法
・・・アムスラー圧縮強度試験
2. 既存のコンクリート面の反発により強度を求める簡易方法として
・・・シュミットハンマー試験

既存コンクリートの耐久性を求める方法としてコンクリート中性化試験を行います。


既存のコンクリート構造物の、強度を調べたい部分から直接資料を、コアー穿孔により抜き取ります。試験試料(コアー)は、使用されたコンクリートの粗骨材(砂利・砕石)の最大寸法の3倍以上の直径で抜取り、長さは直径の、1倍~2倍が必要になります。1倍(径と同じ長さ)以下の資料は、採用されません。

テストピース用コア採取
テストピース用コア採取

試験場での圧縮強度試験
試験場での圧縮強度試験

セメント系材料圧縮強度試験結果報告書例


鉄筋コンクリート構造物の耐久性は、雨・車の排ガス等によるコンクリート(アルカリ性)の中性化により、鉄筋が腐食・膨張してコンクリート表面にクラックが入り、剥落する事になり、いつ落ちるか分からない危険な状態になります。このような状態にならない為の、中性化の進行程度が、コンクリート表面から何センチ進行しているかを測定する試験です。

試験方法は、スプレー容器に入れた、フェノールフタレイン1%溶液を、コアー採取したコンクリートの切断面に散布して調べます。結果は中性化している部分は無色であり、中性化していない部分は赤紫色に変色します。中性化の進行速度により、コンクリートの耐久性を増すように対策を講じる必要があります。

散布前
散布前

散布後
散布後


構造物の強度を非破壊で調べる事が出来ます。 シュミットハンマーは、スイスで開発された非破壊コンクリート圧縮強度の測定試験方法です。
構造物として既に出来上がっているコンクリートの強度を非破壊で調べる事が出来ます。 非破壊なので費用も安く済み、現在では広く使われている試験方法です。

現場風景

現場風景1

現場風景2

コンクリート強度の非破壊試験作成書類見本


カタログ最新情報一覧

  • カタログ

    総合カタログ アンカー引抜試験機 解体カタログ

リクルート一覧

  • リクルート特設ページへ|あなたの力を求めています

協力会社募集一覧

  • パートナー企業募集中|募集要項・お申し込み

プロツールトラスト モバイル

QRコード
携帯で使える強度計算ツール

トラスト運営サイト

  • アンカーボルトサーベイランス
  • アンカー引抜試験.com
  • 鉄筋探査.jp
  • 静音工事.com
  • コアビット販売・プロショップ

認証取得

  • ISO9001:2008